伊万里陶苑の設立に加わり、伊万里を中心に豊かな想像力と、自由な筆さばきでオリジナリティ溢れる作品を創造し続けた痴陶人は、1997年5月、日本人初の大英博物館での個展を開催するという快挙をなしえました。亡くなって20年の歳月がたっていました。現在、約4,000点あまりの作品が伊万里陶苑に所蔵されています。ここでは、その足跡でもある陶磁器の代表的作品群をご紹介します。
   
   
 

色絵遊鯉文皿
W40×H4.5(cm)

  染付白龍文皿
W39.5×H5.5(cm)
   
鬼掛軸
L68.5×W30.5(cm)
  呉須赤鳥文皿
W39.5×H5.5(cm)
  五彩遊鬼文花瓶
W20×H30(cm)
   
色絵五彩茄子文花瓶
W28×H26(cm)
  婦文陶板
L24.3×W24.3(cm)
  万暦五彩意水指
W15×H19(cm)

痴陶人はがき・テレカ・図録販売はこちら